So-net無料ブログ作成

日航123便墜落事件 =いろんな説があるが、信じがたいものも。そんな1つを検証! [日航123便撃墜事件]

catch51-1024x683.jpg

日航123便墜落事件
=いろんな説があるが、信じがたいものも。そんな1つを検証!

ケネディ暗殺事件もそうだが、いろんな説がある。CIA陰謀説、軍人首謀者説、マフィア説、カストロ首謀者説、ソ連説、果ては宇宙人の仕業というものまで多種多様だ。宇宙人を除けば一番、信用できないのが、政府が立ち上げたウォーレン委員会の報告書。つまり、オズワルド犯人説だ。同じように123便事件でもいろんな説がある。あるHPに「これが真実だ」と書かれているので、転載する。

*******************************

以下がJAL123便が「撃ち落とされた」理由と、それにまつわる真実です。

1. プラザ合意を呑ませるために中曽根を脅迫するため
2. プラザ合意に反対していた関西の財界大物4名を全員暗殺するため
3. グリコ森永の実行犯を殺害し証拠隠滅するため
4. 松下トロンOSの技術者17人を抹殺するため
5. JAL123便が核弾頭を輸送していることを米軍が突き止め、ミサイルで攻撃した

6. 核弾頭輸送を隠蔽するため、自衛隊は日航機を御巣鷹山までおびき寄せ撃墜した
7. 自衛隊は米軍機、自軍機、さらには偵察のみのNSA機、ソ連機まで全機撃墜
8. JAL123便の生存者は数十名以上いたが、ほぼ全員VX毒ガスなどの手法で殺された
9. 宗教的な意味を持たせるために、犠牲者は520人でなくてはならなかった

*******************************

このHPではこの全てが真実だと主張するが、これだけの事実が同時に123便も集結させて、実行するには、かなりの段取りが必要、偶然ではありえない。いくつかに絞るなら分かるが、この全部を揃えるのは様々な巨大組織が頑張っても難しい。

何より、これらをまとめて123便で処理する必然性がない。それぞれ別の形で別の時期に対応する方が早い。ただ、もしかするとこの著者は身に危険を感じ、フェイクの理由を上げることで、煙に巻いているのかもしれない。だから、一つだけは事実ということもある。検討してみよう。

1、プラザ合意のために中曽根を脅すため=この事故の真相を暴くと言われて合意したという話はあるが、その逆? 撃墜せずとも「未遂」でも脅迫は成り立つのではないか? また、墜落後にガスや火炎放射器で乗客を殺す必要もない。

2、関西の財界人暗殺=プラザ合意に反対したという、そのために殺す必要があるか? 様々な脅し、圧力で十分ではないか? また、そのような財界人がどこの誰という指摘はどの本にも、ネットでも見られない。

3、グリコ事件の犯人殺害と証拠隠滅=それらなら交通事故を装い殺害する方が早い。そのために自衛隊のミサイルを使うか?そもそもなぜ、犯罪者を消す必要があるのか? 乗客の誰が犯人なのか? 犯人である根拠は何か? これは特に嘘っぽい。

4、トロン開発者17人を消すため。=この説は他でも聞いたが、そんな重要な人たちが揃って同じ飛行機に乗るか? また、その会社と開発者の実名を挙げて指摘している本もネットも見たことがない。

5、6、7、核弾頭運搬=これも聞いたことのある情報。それをアメリカが奪いに来たというもの。追尾した米軍機を自衛隊が撃墜したとある。それでアメリカが黙っている訳がなく、信頼性が低い。

8、毒ガスで乗客は殺された=これは先に読んだ本2冊でも指摘している。あえりる。というか、それしかないだろう。

9、宗教的な意味合いで520人を殺した。=もし数にこだわるなら飛行機事故による殺害は実行しないだろう。何人死ぬか分からない。全員が死ぬとも限らない。実際4人が生存している。そして死者は524人。そもそもの数字を間違えている。

どれも難あり、自動車事故と違い飛行機はいろんな組織が絡む、それで事故を偽装するには国家レベルの対応が必要。それをアメリカが日本で行うのは困難。日本政府なら可能だが、グリコ事件の犯人や財界人を殺すために、ここまで大掛かりな事件にする必要性が感じられない。

ミステリー小説の題材なら「たった1人(数人を)殺すために飛行機事故!」というのは突飛で面白いかもしれないが、現実に実行するなら、もっと簡単で確実にできる方法が他にある。その意味で上記は全て外れだと思える。

また、この手のHPを読むと、話がどんどん広がり、さらに「ホンマかいな〜」という展開になる。もちろん、敵を欺くために陰謀論を演じているのかもしれない。

が、そもそもの仮説に問題がある。また、そのための情報、物証がほとんど上がっていない。全部が嘘ではないが、整合性がないことが多く、それらは「陰謀論」と呼ばれても仕方がない。また、著者が何者か分からないのも、興味本位の執筆という可能性が高い。

先の本2冊の著者は元日航のCAであり、被害者の家族。名前も出している。強い動機がある。その意味でも、その2冊の仮説が説得力があり、もっとも真実に近いと感じる。

上記の「真相」?はこちらから引用=>http://die-wahrheit.blog.jp/archives/9164225.html



沖縄戦V.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。