So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

マスコミ報道はもう信じられない。ネット情報に隠れた真実を探せ? [編集作業]

42743401_2187333761340916_1923200421443141632_o.jpg

マスコミ報道はもう信じられない。ネット情報に隠れた真実を探せ?

HDD作業待ちなので、もうひとつ記事を書く。学生時代は朝起きるとまず、音楽をかけた。部屋にいる間中ラジカセで曲を流す。友人が遊びに来て、ドア前に立ち(当時は薄い木の扉)曲が流れていないと「太田は留守!」と分かるというくらいだった。ウォークマンが手に入ってからは外出時も聴いていた。

それが留学後。帰国して東京で生活を始めてからは、ライター業をしていて編集者から「太田さんは一般常識がない!」と注意もされた、映画以外のことも知らねば....と、朝起きるとテレビをつけるようにした。そして、ビデオデッキで

「ニュースステーション」と「NEWS23」

を録画。必ず見るようにした。311からは

「モーニングバード」と「報道特集」

も録画。週に7番組くらい見ていた。一時は東京新聞も取っていたし。その後、テレビ報道が力をなくし、フェイクニュースの連発。大本営発表になりだしてからは(現在、録画してみるのは「モーニングショー」のみ)朝起きるとiPadでFacebookとTwitterの確認をする。その方がテレビでは報道しないニュースが数多く流れてくるからだ。

辺野古からの声、福島の思い、政権の隠された問題、イギリス、アメリカからの叫び、いろんな情報が溢れている。ただ、どれが真実でどれがフェイクか?分からない。それを「ネット情報は信用できない」というが、テレビ新聞の方がよほど信用できない。また、真実とフェイクが入り混じっていた方が

「見分ける力」=「リテラシー」

が育つ。日本人は「テレビ新聞は客観報道だから」と信頼しているが、そもそも客観的な報道なんてありえるのか? 記事を書くのは人間であり、その人の趣味、好み、主義主張、経験、体験がある。それらが影響しないわけがない。それを抑えて書くことは結局、客観というより概要を伝えているだけになりがち。

むしろ、「私はこの法案に反対です。なぜなら...」という記者と「僕は賛成です。というのも....」という記者。2人の意見を比較することで自分はどちらに賛同するか?を考えればいいのだ。それを全てのマスコミが公正中立なんていいながら報道するから、

結局、何が起こっているのか? 

分からない。興味を持てない。という現状を作っているのだと思える。NHKを中心としたその客観報道が日本の報道をダメにして、国民の考える力を止めているのではないか? 「客観報道だから、それが事実」と思い込む、「客観報道」=「事実」ではない!そんな間違った構図を作りあげてしまったのだ。その意味ではフェイクニュースが混じっている方が、

「あれ、嘘だったのか〜」

と憤る。次からは騙されないように情報選択を考える。ニュースは公正中立だと思うから、見分ける力が養われず、ひたすら信じてしまい、あるいは公正という名の概要のみの報道に興味を持てず、知らない間にいろんな法案が通ってしまい、国民不在の政治が進んで行くのではないか?

その意味でFacebookやTwitterというのは、とても問題あるメディアだとは思うが、様々な情報が流れてくることには意味があると感じている。

ソ連が崩壊したきっかけがビデオだった。アメリカやヨーロッパの日常がビデオ映像で届けられ、いかに共産主義が貧しいか?を多くの国民が理解したことが背景にあると言われる。多くの日本人が某国営放送ばかり見ていて、

「総理はがんばっているなあ〜」

と思い込み、政権を支持してしまうのは、かつてのソ連と同じ構図。そこにネット情報が流れ込むことで、少しずつではあるが、現実を理解する人が増えてくると思える。だが、地方での国営放送の力は巨大であり、未だに「テレビは事実しか伝えない」と思い込む人が多いのも現実。あれ、音楽の話を書こうと思ったのに.....それはまた別の機会にする。


E6B296E7B884E688A6E38393E382B8E383A5E382A2E383ABEFBC93.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

インフルエンザが流行? 体調悪いのは、歳のせい?風邪か?分からない? [編集作業]

IMG_9283.jpg


昨年の今日は大雪!だった。今年はインフルエンザが流行?

世間では風邪とインフルエンザが流行していると聞く。Facebookを見ていると、友人がインフルエンザでダウン。お世話になっている夫妻も夫婦でダウンとのこと。編集室に閉じこもり仕事をしているので、世情が分からなくなる。会社に行く仕事なら職場で休んでいる人が多くなり、風邪が流行っていることに気づくし、友人と会うことがあれば、

ゴホゴホしていたら、そんな季節だと分かる。

逆に世間と隔離された場所で仕事しているから、ラッキーと思われるかもしれないが、風邪ということで考えた。この数週間、非常に体調が悪い。というより集中力がない。入れ込んで仕事をしていると、自分が疲れ果てていることに気づかないことがある。朝、家を出るときは元気だったお父さんが、会社で急死ーそれが過労死だ。

毎回、それを医者に注意されるが、今回はそこまで行っていないと思う。なのに、先週あたりから集中力が弱っている。昼飯を食べると急激に疲れが出て、横になるとそのまま寝てしまったり。それでいて夜は夜で0時前後には寝る。

老化? 老人世代に突入か?

とも考えた。これまで僕は朝は弱いが夜に強く、一度起きると
なかなか寝ない。だから、しっかりと酒を飲んで酔っ払い、眠気を呼び出す必要があった。が、この数年、午前中に目がさめる。これはお年寄りのパターン。だから、夜も早く眠くなるのか?とも考えたが、これで昼寝をするのだから、完全に老人だ。

いや、待てよ。もしかしたら、過労か? 

考えると、一昨年の撮影から、ほとんど休んでいない。いや、撮影後に1〜2週間ほどダウンしたか? 心配されるので記事にはしなかったけど。いつもは1〜2ヶ月はダウンする。「青い青い空」のときは半年近く寝たきりになった。

昨年は沖縄取材と「明日にかける橋」全国公開。1年間、休みなく走り回り。昨年暮れから編集。んーー実はかなり疲れているのかも? もしかしたら、風邪か? このところ朝、寒くて目がさめることがある。で、ここで風邪をひいてはいけないと、いつもなら夜も暖房をつけずに仕事をしていたが、スイッチオン。同世代の友人がTwitterで

「僕はまだ暖房なしで、仕事しています!」

と返事。その後、彼は風邪をひいてダウン。ししし、私らはもう若くないんだよ〜と笑いつつ。あれ? もしかしたら僕も風邪? でも、咳はでない。熱っぽくなることはある。体もときどき重い。んーやばりなあ。体より集中力が続かないのが困る。1月ももう下旬だ。とにかく、暖かくして作業する。


E6B296E7B884E688A6E38393E382B8E383A5E382A2E383ABEFBC93.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

沖縄を見つめることは、日本を見つめること。未来を見つめることに繋がる。 [沖縄の現実]

patrolcraftsweeper.jpg

沖縄を見つめることは、日本を見つめること。未来を見つめることに繋がる。

沖縄戦ドキュメンタリーを作る上で、沖縄戦だけではなく、太平洋戦争も勉強しなくては!と思えた。なぜ、日本がアメリカと戦争することになったのか? なぜ、沖縄で戦闘することになったのか? その辺の疑問を解くには「太平洋戦争」を知る必要があった。

調べていくと、アメリカの前に日本が戦争をしていた国がある。それが中国だ。日中戦争である。では、なぜ、中国と戦争することになったのか? それは日露戦争が関わっている。そんなふうに歴史というのは一部だけを勉強しても全貌が見ない。とりあえず、太平洋戦争を調べた。

そもそも、おかしいのはなぜ、学校教育で、日本史で、太平洋戦争を学ばないのか? 中学でも、高校でも、そこに行き着くまでに三学期が終わる。おまけに僕は中学時代からの映画ファンだったが、なぜか? 戦争映画には興味がなかった。友人ではめちゃめちゃ詳しい奴がいるのに!

興味なし。それでも「トラトラトラ」や「ミッドウェイ」は見ていた。当時、盛んに作られたベトナム戦争ものの方がよく見ただろう。そんなことで太平洋戦争は一般的なことしか知らなかった。それが今回勉強していろんなことが分かった。

そして日本が負けて、東京裁判があり、その後の日米の取り決めが70年後の今でも生きており、安倍政権にまで引き継がれていたのだ。そもそも、自民党は安倍のじいちゃんである岸信介がアメリカのCIAから資金を得て作った政党だった。つまり、自民がアメリカ指導で決め事をするのは、その関係が今も生きているからなのである。

さらに日米地位協定、日米合同委員会など、戦後に決められた条約で未だに日本は縛られている。そうなった経緯が太平洋戦争なのだ。これを多くの人に勉強されては困る人たちがたくさんいるだろう。辺野古問題も、戦争法案も、集団的自衛権も、ここしばらく政権が強行採決で通した法案の数々も全て、同じ背景がある。

その意味ではまず、「沖縄戦」を見つめることの重要さをますます感じている。沖縄を見つめることが今の日本、未来の日本を見つめる大きなきっかけとなるはずだ。

E6B296E7B884E688A6E38393E382B8E383A5E382A2E383ABEFBC93.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

FCXのディスクがいっぱい?!どーすりゃいいの? [編集作業]

42705385_2185692478171711_7068399421884465152_n.jpg

FCXのディスクがいっぱい?!どーすりゃいいの?

さてさて、次の作業は決まったが、コンピューターが「ディスクがいっぱいです」と言ってきた。使い始めて1ヶ月足らず。finalcutXもかなり使えるようになった。が、まだまだ分からないところも多い。プロジェクトを保存する容量がなくなったということだと思うのだが、7のように、HDDの指定を変える方法が分からない。

7なら、環境設定で変更できたのだが、Xの環境設定にその選択がない! あれこれ触るが、分からない。以前は「書き出し」だったものが、Xでは「共有」だし。名前を変えられるとお手上げだ。とりあえず、今のディスクに入っているものを他に移す。写真とか結構、容量を食っているので移動させたいが、時間がかかる。

そんなこんなで悪戦苦闘中!


E6B296E7B884E688A6E38393E382B8E383A5E382A2E383ABEFBC93.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

沖縄戦ドキュメンタリー報告 今後の作業を考える? [編集作業]

36776611_2025922294148731_7881449160652619776_o.jpg

沖縄戦ドキュメンタリー報告 今後の作業を考える?

このブログは基本的に皆さんへに読んでもらうための記事として書いているが、ときどき自分の頭を整理して、今後の展開を決めるために「考え」を文章にすることがある。そのときのものは少し分かり辛いかもしれないが、「あー、あれね!」と思ってご容赦頂きたい。

監督業をする前はライターを一時期していたこともあり、読者に読んでもらえる文章を書くことで原稿料をもらったいたので、今も読者が読み易い。分かりやすい。面白い。興味を持てるという観点を忘れないようにして書いている。が、自分の考えを整理するときは、そういかないこともある。今回はそんな1つだと思ってほしい。

編集のタイムラインに乗った映像は現在、9時間分。かなりな長さだ。でも、これによって流れや全貌が見えてきた。さて、次はどう進むか? 基本的な作業はあるが、十分な時間がないこと。同時にさらに細かな全貌を掴みたいことがある。その目的からいうと、証言部分の編集だろう。

現段階では使えそうな証言は全てラインに乗せてある。が、他の証言と重複するもの。なくても成立するもの等を削除していくと、短くなる。それをすると、その前後に入る映像も明確になる。すでにいくつかは入れてあるが、さらに前に進められる。

証言もまだ6人分しか切り出しをしていない。あと5人分ほどある。なのでまず、6人分の選り分けをしてから、残りの切り出しにした方が、誰が何を言っているか?を把握しやすいと思える。1人1時間。10人ほどの証言。それも2年前に取材したものもあるので、その全ては記憶していない。が、編集しながら、それを全て把握して、必要な時点で「あの人の、あの証言をここに入れよう」と決めていく。


E6B296E7B884E688A6E38393E382B8E383A5E382A2E383ABEFBC93.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

平和祈念公園に行っても、意外に気づかない陸軍第32軍司令豪? ここで沖縄戦は終わる。 [沖縄の現実]

50874079_2414478658626424_8185214008312201216_n.jpg


平和祈念公園に行っても、意外に気づかない陸軍第32軍司令豪? ここで沖縄戦は終わる。

沖縄修学旅行の定番は平和祈念公園だろう。いつ訪れても修学旅行生を多く見かける。ただ、その多くは笑顔で友達と記念写真を撮っており、この場所がどんなところなのか?分かっていない気がする。

また、公園自体があまりにも美しく整備されており、沖縄戦の最後の舞台となったことを感じさせない。豪華な慰霊碑はたくさんあるが、毎回、疑問を感じてしまう。

そんな公園の一番端まで行き、階段を上がり、もう一度下ると、沖縄に配属された陸軍第32軍の最後の司令官豪がある。礎のあたりには観光客が多いが、そこまで行く人は少ない。係員に場所を聞いても「よく分からない」といわれることさえあった。そんな場所で司令官・牛島中将は自決して果てている。

それが1945年6月23日。沖縄で組織戦が終わった日である。その話は映画「沖縄決戦」(岡本喜八監督)で詳しく描かれている。実際に訪れてみると、いろんなことを感じる。断崖絶壁の裏側になる洞穴。その先は海。日本軍はそんなところに隠れなければならないほど、追い詰められていたことが分かる。

僕らがそこを訪れた時、日本人観光客はゼロ。やってきたのはアメリカ人家族。幼いブロンドの女の子の手を引きやってきた。基地で仕事する兵士が休日で来たのか? 「日本軍の司令官が自決したところだ」と娘に説明していた。二度目、三度目に訪れた時も、観光客はいなかった。

公園の果てなので、行きづらい場所ではある。でも、こここそ修学旅行生に見せるべきだと思うのだが...。もし、沖縄に行く機会があり、平和祈念公園を訪れるなら、32軍の司令豪にも足を延ばしてほしい。いろいろと感じるものがあるはずだ。


E6B296E7B884E688A6E38393E382B8E383A5E382A2E383ABEFBC93.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

大手テレビ局の沖縄戦ドキュメンタリー。いろんな意味で勉強になる。 [編集作業]

50786166_2414459458628344_4775101634185265152_n.jpg


大手テレビ局の沖縄戦ドキュメンタリー。いろんな意味で勉強になる。

沖縄戦ドキュメンタリーを製作する上で、同種の作品はかなり見た。最近、よく例に挙げる大手テレビ局の番組。制作費も十分にかけ、取材もよくしており、真似のできないものがある。ただ、その番組から沖縄戦の「悲しみ」は伝わって来ない。

理由をいろいろ考えた。ナレーターが沖縄戦を知らずに、冷静に、ニュース原稿のように読んでしまったことで、伝わらないということ。ディレクターがお仕事で「史実」を伝えればいい!と思っている。「悲しみ」を伝えようとは考えていないこと。等を想像していた。だが、改めて、その番組を見てみて後者の想像は違うかもしれないと思えた。

ディレクターは「悲しみ」を伝えようとしている。でも、それができていないというのが事実かもしれない。あるエピソードを見直して、結構、切り込んでいる部分があった。ある兵士の手紙が紹介される。「ここでその手法を使うか!」という表現。「なかなか、やるな?」と言いたくなる。でも、全体として「悲しみ」は伝わらない。

なぜか? 考えたときに、一つには製作したテレビ局の体質。報道がメインの局ということもあり、客観報道がモットーだ。まあ、そもそも客観報道なんてありえない訳で、その局がやっているのは概要説明だ。結果、本質を伝えないことが多い。なのに日本人は「客観報道が大切」と未だに信じていることが多い。

そのことは以前にも詳しい記事にして、客観報道の問題点。人は神ではないので、俯瞰ではものを見れない。報道は偏っているから意味がある?ということを書いたので、そちらを読んでほしい。今回、言いたいのは、そんな客観報道を信仰する局なので、ドキュメンタリーでも、あえて突き放して描いてしまったのが真相だと思える。

思えば、その局のニュース番組。どんな大惨事を報じても「悲しい」と感じることはない。「へーー大変ねえ」と他人事のようにしか感じない同じ体質でドキュメンタリーを作っている。ディレクター自身がそんな体質に縛られたのか? 上司からあれこれ言われて、いろんな表現を止められたのか?

いずれにしても、それが「悲しみ」を伝えられない背景だろう。なぜ、他局で、みのもんたが朝の情報番組で人気だったか? なぜ、久米宏や古舘伊知郎が「報道番組」で支持されたか? それでも相変わらず、感情の伝わらないニュースを全国に流している局ならではの、古い体質がドキュメンタリーをも毒しているのだろう。

これは「教育」にも似ている。1853年、ペリー来航。1867年、大政奉還。と事実だけを暗記させようとする日本史の授業。そこから学べることは少ない。歴史から学ぶ大切なことは、悲しみを繰り返さないこと。それが一つではないか? なのに、太平洋戦争の章になる前に3学期は終わる。それが日本史の授業。それを踏まえて、今回の「沖縄戦ドキュメンタリー」を作る。沖縄戦とはどんなものか? それを伝えたい。

客観報道の記事=>https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2016-01-10-5



E6B296E7B884E688A6E38393E382B8E383A5E382A2E383ABEFBC93.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

太田監督の映画製作日記ーバックナンバーが読めます!三つのブログ [2018]

50620482_2414525778621712_2747635341123911680_n.jpg


太田監督の映画製作日記ーバックナンバーのお知らせ

毎日アップしている記事。バックナンバーがブログで読めます。カテゴリー別に分けてあり、検索もできるので便利です。作品ごとになっていて、

●「明日にかける橋」監督日記

企画時からキャスティング、撮影、編集、完成披露試写会、宣伝、全公開、地元公開、そして今週末のアンコール上映まで。その先もお知らせがあるごとに更新します。現在、So-netブログ映画部門で10位。

https://cinematic-arts.blog.so-net.ne.jp

●「朝日のあたる家」監督日記

こちらも企画時から撮影、公開、DVD発売。その後の展開。最近は社会派の記事は全部、こちらにアップ。安倍内閣、トランプ、原発問題、さらには精神病、アッキード事件、ディープステイトの件まで。「朝日」路線の硬派記事を多く掲載。現在、So-netブログ映画部門で16位。

https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp

●「ドキュメンタリー沖縄戦」監督日記

これが最新作。春完成予定のドキュメンタリー映画。沖縄取材、沖縄戦勉強から、編集、この後は試写会、公開まで経過を詳しくレポートします。沖縄問題、戦争のことも綴ります。

https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

ジャンルを選んでクリックすれば、その記事がズラーと出ます。映画界で仕事したい方。監督になりたい。俳優になりたい。スタッフをやりたい。という人も、現場の様子、作業の流れがよく分かる記事がいっぱい。

映画ファンの方も映画サイトでは伝えない、過酷な現実も掲載しています。もちろん、舞台裏も詳しく書いているので、映画が2倍楽しくなるはず。興味ある方は是非是非、お読みください。



沖縄戦ビジュアル3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ニューヨークのファーストフードの時給は1402円! 日本は? [MyOpinion]

50221175_2413208622086761_6200983609126420480_n.jpg

ニューヨークのファーストフードの時給は1402円! 日本は?

ニューズ・オプエドを見ていると、この1月から実施されるNYの最低賃金、時給が紹介されていた。

従業員11人以上だと、15ドル(1ドル=110円で1650円)

10人以下だと、13ドル50セント。

ファーストフード店は12ドル75セント(約1402円)

日本のファーストフード店は今も1000円前後だ。400円も少ない。先日も記事にしたが、昨年、映画祭で訪れたLAの食べ物は高かった。でも、マーケットで食材を買えば、さほど日本と変わらない。むしろ安いものもある。つまり、人件費が高いということ。これはどういうことか?というと、日本の人件費が安い。日本人は安い賃金で長時間働かされているということだ。

それは何か?というと日本はもう先進国ではない。後進国ということなのだ。先日聞いた韓国のファーストフードのバイト料さえ、日本より上だったと記憶している。それは日本が貧しい国ということなのだ。にも関わらず、「日本は今も、経済大国!」と僕も少し前まで思っていた。そのことは少し前に記事にしたので、ぜひ、そちらを。

もはや経済大国ではなく、後進国となった日本。それを感じていたところに「オプエド」ニュースでトドメ! 日本に多くの観光客が来るのは、物価が安いから。「日本が愛されているから」ではない。そんな日本に誰がした! アベノミクス効果だろう....とカリントウを食べると歯がかけた...。日本ではない、僕の健康もボロボロのようだ。また、歯医者に行かねば。。



E6B296E7B884E688A6E38393E382B8E383A5E382A2E383ABEFBC93.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

沖縄戦ドキュメンタリー報告 首里城には行くが、意外に気づかない第32軍司令部跡。 [沖縄の現実]

DSCN9983 (4).jpg


沖縄戦ドキュメンタリー報告 首里城には行くが、意外に気づかない第32軍司令部跡。

写真は独房ではない。沖縄に派遣された牛島中将率いる第32軍の司令部である。これは首里城エリア内にあり、城門を潜る少し手前にあるのだが、意外に気づかず。僕も最初は見過ごした。

岡本喜八監督の力作「沖縄決戦」で小林桂樹らが作戦指揮を取る舞台となった場所である。内部はすでに崩壊し危険なために閉鎖されているが、この中で蟻の巣のように地下に掘られた巨大基地になっている。米軍の攻撃にここを捨て、32軍は摩文仁の丘の豪に移動する。



沖縄戦ビジュアル3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -